2017.06.05 (mon) Arzúa – Pedrouzo (20.1km)

ガリシアで迎える朝は決まって霧がかかっている。その霧が晴れた後の空はどこか懐かしい空でサンティアゴが近づくにつれておろおろそわそわする気持ちを落ち着かせてくれる。

まだサンティアゴに着いたわけではないけど歩いている巡礼者達はどこか祝福ムードが漂っている。

フミエさんと一緒にせっかくだからサンティアゴを目指すことに。

Arzúaの街中で昨日一緒にご飯を食べた韓国人のソフィーと再会。一緒に朝ごはんを食べにカフェに入った。

ソフィーも世界一周中で写真を撮りながらのんびり回っているみたいだ。

しばらく一人だったから誰かと歩くのが新鮮で楽しい。自然と写真の枚数も増えるしいい写真が撮れる。

半分くらい歩いてお昼休憩のカフェでまたまたドンさんと嬉しい再会。一緒にいた韓国人のジェピルさんが面白すぎる。なぜかいろんな巡礼者が彼を知っている。ジェピルさんの人柄だ。全然英語話せないんだけど片言の英語をこれが俺の英語だー!と言わんばかりに堂々と話している。これは僕ら日本人が参考にすべき大切なことです。簡潔に、簡単な英語で、笑顔で、大きな声で。

ジェピルさんのおかげで僕の英語は進化したしその後の旅でも大いに役に立ってくれた。

そして普段ちょーふざけているジェピルさんだけど韓国ではバリバリのプログラマーなのです。ストレス半端ないらしです。。労働時間も長いって。。そのストレスを運動で解消するために巡礼しているとか。去年レオンまで歩いて今年はマドリッドから歩き始めたんだって。巡礼者いなさ過ぎ、アルベルゲはあるけど周りに何もなさすぎて街でしこたまワインを買っては重い荷物を背負いアルベルゲまで歩いて一人で飲んでいたみたいです。うさぎしか歩いていなかったっていう話とか日本のジョークが通じるところとか面白すぎる。

Pedrouzoに着くとやはり巡礼者が多い。みんなここで泊まって明日サンティアゴを目指すのだ。

二段ベッドの上が僕の寝床だったけど、下のフランス人のいびきが半端なくて近くのトルコ人カップルと顔を見合わせて検討を誓った。

夜は自然とキッチンに集まったメンバーで料理してリオハワインあけて到着前祝いをしました。

締めは辛ラーメンでした。

明日、サンティアゴに到着です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中