2017.06.06 (tue) Pedrouzo – Santiago de Compostela (21.5km)

お昼前にサンティアゴに着いた。とりあえずカテドラルを目指す。丁度カテドラルは工事中だった。ガウディ状態と呼ぼう。

何か込み上げるものとかはなくて、毎日歩いてきて、目的地まで到着して、その中の1つの街に変わりない。

登録所は長蛇の列だ。ところどころであったひとたちが笑いかけてくれたり握手してくれたり、ハグしてくれたり。

カテドラルの前でみんなで称え合った。ドンさんが一人一人にハグしてお別れしてくれた。

ジェピルさんのお友達のトルコ人の絵描きさんも交えて昼間っから軽く呑みました。彼はレオンからアラゴンの道に進んだそうだ。雨ばかりの山道で過酷だった話や動物のうんこに足突っ込んだ話を聞かせてくれた。写真もたくさん撮っていて誇らしげに見せてくれた。フランス人の道とは全然違う表情の景色ばかりでどれも美しかった。いいなぁ。またいつかの機会に歩こう。

いびきに耐えた同士であるトルコ人カップルとも再開できた。

スペイン巡礼はキリストに所以がある道だ。歩いて見て思うのはみんなそんな深く考えて歩き始めてない。むしろ歩きながら考えるのです。風の音を聞きながら、コウノトリのさえずりを聞きながら、同じ巡礼者と談笑しながら、みんなそのたわいもない道程の中考えるのです。瞑想するように、修行するように、遊ぶように。

レオンで話したおじさんに今なら堂々と話なんで歩いているか話せる。考えるために歩くんだよ。それなら早いうちのがいいでしょ。考えたことを実際にやってみる時間が増えるんだからさ。チャンスが増えるんだよ。時間は帰ってこないしね、って。

夜はフミエさん、ソフィー、ジェピルさん、トルコ人の絵描きさんで飲み歩いた。

たまたま最後に入ったバルがドリアン田村さんも訪れていたバルだと最近になって気づいた。

僕らはもう少し歩きます。大西洋を目指して。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中