2017.06.07 (wed) Santiago de Compostela – Negreira (21.3km)

早朝、太陽が昇り始める前に起床。宴の後の余韻も残る中、眠い目を擦りながら最果ての街Fisterraへと向かう準備を始める。

相変わらず朝は肌寒いのでフリースは欠かせない。

サンティアゴに到着したからエンディングロールが流れるわけでもなく、僕らは変わらず歩き始めます。多分みんな同じ気持ちで、歩くことに慣れてしまった日常やそこで出会った仲間ともう少しだけ一緒に痛いんじゃないかな。慣れたと言ってもみんな旅人で一人が基本。こんなに長い時間苦楽を共にする機会なんて世界中探してもあんまりない。

ジェピルさんがビールが好きでカフェに寄るたびに乾杯してる。

ボガディージョは淡白低め、水分少なめ、焼き色白めのバゲットに生ハム挟んだだけのやつ。

サンティアゴからの道のりはボーナス感満載。それもしっかりサンティアゴまで歩き切れたから感じられるのだと思います。楽しいです。

途中、トンネルの向こうは、不思議の街でした。のようなトンネルを通った時はドキドキしてしまった。帰ったらみんな豚になっていないといいけど。

negreiraでは最初に行ったアルベルゲはもう満室で、そこでホスピタレイロから、日本人の男の子が一番に到着したよ。その子は100キロぐらい歩いて来たよ。と笑いながら教えてくれた。名前を聞くとlos condesnegreiraで会ったまさきくんだった。連絡は時々とっていたけど、ここで会えるとは思っていなかった。きっとまた会えると思って僕らは別のアルベルゲを目指した。

私営のアルベルゲへ。12ユーロ。かなり広くて巡礼者も多すぎなくていい感じだ。スーパーで食材買ってアルベルゲのキッチンでみんなで料理。これで5ユーロぐらい。人と一緒の方が楽しく安くお腹いっぱい。久々に食べるお米は沁みますね〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中