テレビを見るよりパンから学べ

フランスにいた時にメッセンジャーを使いフランス語を丁寧に教えてくれていたカオリさんにつくばにある超イカしてる石窯パン屋さん、”パネッツァ”のすみやさんを紹介していただきました。

正直、、結構怖い人がやっていたらどうしよう、、僕なんてけちょんけちょんに怒られるなぁ、と内心ビクビクしていました。汗

すみやさん、超いい人でした。おやすみ前の最後の発送準備をしながらというお忙しい中にもかかわらず、窯についてもなんでも丁寧に質問に答えていただき。。パンの原点について語るすみやさん、かっこいいです。

tシャツについた小麦粉がその日の仕事を物語っています。

韓国のレンガ、初めて知りました。耐火煉瓦に穴が空いていて、色々使いやすそうでした。

窯は綺麗なの丸いドーム型です。プロがつんだドームはもはや芸術でした。蒸気なんていらねー!モップでゴシゴシで蒸気なんてでるかー!白い小麦なんて・・・八郷の山だから大丈夫(^ ^)と言ってみんなで笑っちゃいました。。窯が作りたくなりました。パンも焼きたいな。

その後、外のベンチで猫を交えてすみやさんとカオリさんと僕で井戸端会議をしました。原発の話をしました。原発に関することよりも、どうしたら日本で日常的に少し匂うことに関して話ができるのか、家族揃ってご飯を食べる時間こそ、テレビをみるよりも話すべき大切なことが山ほどあるのです。真夏の真っ昼間から熱い話になってしまいました。臭いものこそ、蓋をするだけではなく、しっかり発酵させて分解して還元していくべきなのです。自分にそう言い聞かせるように。

おや、すみやさんが小さな妖精を抱えていますね。スクープです。

某週刊誌にいくらで売ろうか考えています。

再来年の4月1日に発表されるみたいです。

帰ってからパネパンが入った袋を開くとパンが今すぐたべてと話しかけてきました。食べるといつの間にかパンは無くなってました。すごく食べやすかったのです。想像していた味と全然違った。ビールだと思って飲んだらりんごジュースだった、みたいな。

パネッツァはイタリアのパンだけど、フランスの田舎で食べた田舎パンも感じました。美味しいなぁ。写真撮る前になくなっちゃった。。

パーネトスカーナは塩が入っていない意味は塩のミネラルやらがなくなる分より粉の味がわかるという意味があったのです。トスカーナの豆系の素朴料理と合わせると美味しいんだろうなぁ。

イタリア行きます!

尚、パネッツァのパンは全国引っ張りだこの超人気パンです。青森から沖縄まで全国に卸先があるようです。パンの美味しさとすみやさんのお人柄があってのことですが、すごいっす〜。